Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

アニメ『走れ!おう松さん』

12月12日(月)深夜1時からJRA×OSOMATSUSANによる

新作アニメ『走れ!おう松さん』がテレ東で放送される。

それに伴って競馬場では限定グッズ販売イベントや

スペシャルイベントを開催しているらしい。公式サイト

僕自身、毎週競馬をやるほどの競馬ファンにも関わらず、

この企画を知らずにいたんだから、まったくお恥ずかしい話だけどねw

 

ま、JRAとしては女性ファン獲得を目論んでるんだろうけど、

おそ松さん』のファン層って“腐った女子”じゃなかったっけ?w

そんな腐女子たちが競馬に興味持つのか?チト疑問だけど、

どんな理由であれ女性が競馬場に足を運んでくれるのなら、

それはそれで喜ばしいことなのかもしれない。

『競馬場』って聞くと「おっさんたちが集まる鉄火場」ってイメージだけど、

実際に行ってみれば分かるけど、メチャメチャ綺麗で素敵な場所なんだよ。

 

それでだ!せっかく競馬場に足を運ぶのなら、

ついでに少し競馬を楽しんでみてはいかがだろう?

「やったことないから、競馬なんて知らない」って人でも

手軽に楽しめる予想に『サイン予想』と呼ばれる予想法があるんだ。

簡単に言えば『連想ゲーム』や『語呂合わせ』『謎解き』『パズル』のようなもの。

おそ松さんの中で好きなキャラが被っている帽子の色と同じ色の枠の馬券を買ったり、

同じような勝負服(騎手がレースで着ているカラフルな服)の馬の

馬券を買ったりするだけでも競馬が楽しめちゃう。

自分の好きなアニメやスイーツを連想させる馬の名前で選んでも楽しいかも。

その上、馬券が当たれば万々歳だよね。

 

ちなみに競馬では8つに色分けされた『枠』というのがあって、

白が1枠、黒が2枠、赤が3枠、青が4枠、黄が5枠、緑が6枠、

橙が7枠、桃が8枠という感じに色分けされている。

勝負服のデザインは馬主ごとに違っているので、

競馬場に着いたら入口で無料で配布されている

レーシングプログラムをもらえば書かれていたハズ。

馬の下見所であるパドックで馬を間近に見られるので、

騎手の帽子の色や勝負服のデザインを確認してみるとイイと思うよ。

 

そうだ!僕も、『走れ!おう松さん』から連想した馬を狙ってみるかな?(笑)
 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

JUGEMテーマ:競馬


オヌヌメ商品

くるみんアロマさんのAV出演強要報道に思ふ

誤解されたくないので予め書いておくけど、

騙す側を擁護したり正当化する気は一切ありません。

 

たださぁ〜思うんだよね。「なんで騙されるかなぁ〜?」って。

「被害者でござる」と言われても、正直、全然同情できないんだよなぁ〜

記事を見れば分かるんだけど ⇒ ヤフーニュースwithnews

最初から最後まで信じられないほど警戒心が薄いんだよね。

一応記事では「最初は警戒していた」と書いてあるけど、

警戒していたなら相手の言葉などに耳を貸すハズがないんだよ。

でもスカウトの男性の「あなたはきれいだから」って言葉で舞い上がって、

薄かった警戒心が完全に丸裸となり、このあと体まで丸裸にされちゃった訳だ。

 

とにかく詐欺事件の手合いの被害者に共通するのは『甘さ』と『欲』だ。

騙される側の「○○したい!」という欲を、騙す側が巧みに利用するケース。

そんなに美味い話がそこら中に落ちてるほど、世の中甘くは無いっつうの!

本件でも、被害者であるアロマさんの「音楽デビューしたい」という願望が

相手に巧みに利用されて、あれよあれよと言う合間に身ぐるみ剥ぎ取られて、

挙句の果てに、AV男優さんたちに“あんなこと”や“そんなこと”をされる始末。

 

注目すべきは騙す側の手口ではなく、騙される側の下心の方だと思うよ。

最初にスカウトの話を喫茶店で聞いた時も「男がしつこかったから」とか、

グラビアの面接で出版社に行った時に「この子は、ヌードもやります」と

聞いてない話を社長が発言した時も「雑誌の担当者に気に入られたい」とか、

「AVやれば芸能界で成功する」と言われた時も「1%でも信じてみよう」とか。

「騙された〜!」とか「強要された〜!」と言えば簡単に被害者面できるけど、

結局は自分の願望を叶えるために、自分から転げ落ちて行ってる感じだよね?

売れるためにここまでやれる女性の心理は、男の僕には理解できません!

 

この手で被害に遭うのはブスではなく、ちょっとキレイな感じの子。

そこそこ男にチヤホヤされた経験のある子の方が“おだてやすい”からね

勘違いしやすい、ちょっと意識の高い系の子は気を付けた方がイイと思うよ。

 

最後に、以前も書いたけど、日本のAVってモザイクさえしてあれば、

近親相姦やレイプものなど鬼畜で倫理観に欠けたものでも販売できちゃうよね。

そんなAV業界なんかドンドン規制されて、衰退していっても構わないよ!

 

JUGEMテーマ:ニュース



続・浅川悠さんの苦言に思ふ

昨日の『浅川悠さんの苦言に思ふ』の続きなんだけど、

一昨日、浅川さんのニュースのコメント欄で

僕宛てにコメントした人から昨日レスがあったのね。

でもその内容は「コメント欄でコメントしておいて、

最後にブログを読め!なんて失礼じゃないか」と僕の対応にご立腹のご様子。

コメント欄はツイッターと連動してるので文字数制限があるから、

誤解を生じないようにしっかりと書けるブログにしたのに・・・orz

世の中には想像以上に簡単に感情的になる人が多くて戸惑っちゃうよw

ブログの話をすると、すぐに「宣伝」と取る人も少なくないね。

僕のブログなんて全然更新してない落書き帳みたいなものだから、

必死に宣伝してまでアクセス数を伸ばそうなんて思ってもいないのに。

「ブログに僕の思いをまとめておいたよ」と言っただけなのに、

想像以上に悪く思われてしまって、ちょっと寂しいよ。

 

ま、せっかく今こうしてブログを書いてるので、

もう少し浅川さんの苦言について僕の思いを書かせてもらうと、

声優という立場で「仕事を何だと思っているのか?」って疑問を感じるんだ。

僕は「声優さんは制作サイドが求める演技を演じる人」だと思っている。

だって声優さんのお給料は、制作でキャラを演じ、声を当てることで、

制作会社から声優さんの所属事務所へ払われた出演料が元になってるんでしょ?

なら制作会社や製作委員会側の意向を尊重すべきだと思うんだよね。

 

それに「声優を育てて欲しい」という意見も、僕には『甘え』にしか聞こえない。

確かに「育てるのは現場」なのかもしれないけど、育つのは声優本人。

育つ人は独学でも自主練習でも作品視聴からでも演技を学び育つんじゃないかな?

それに、時間をかけて特定の声優を育てて、その人たちばかりが活躍しちゃったら、

新人声優たちの貰えるチャンスがドンドン少なくなっちゃうんじゃないのかな?

しかも、実際に仕事を貰い活躍できる声優なんてホンの一握りだよ。

ドンドン養成所を卒業してくる声優の卵は前任が引退するのを待てるほど

余裕なんて無いことくらい声優である浅川さんが一番分かってると思うんだけど。

 

またお金の話をするけど、アニメとタイアップしている養成所とかあるでしょ?

アニメのスポンサーになってCMを流してる養成所とかもあるよね?

養成所としては声優志望者を集めるために『実績』が欲しいと思うんだ。

「ウチの養成所を出た子が現場で活躍しているんです」と謳いたいんだから。

なので、制作サイドと手を組めば、その実績作りのチャンスが増えると思うんだ。

制作サイドとしても『養成所から見返りが見込める』だろうと僕は想像するのね。

ま、要するに『ウィンウィン』な関係な訳ですよ、思惑が一致するのであれば。

 

お金の話をすると夢が壊れちゃうかもしれないけど、

『お金って、とても大事』なので、あえて書かせてもらうと、

多くの人の夢と努力とレッスン料とかは無駄に消えてしまうんだと思うの。

その金額が大きくなればなるほど、それを食い物にする輩が集まってくる訳で。

背中にネギと鍋とミソを背負った世間知らずのカモさんたちを集めるのが、

営業さんや広報さんの腕の見せ所だったりするんじゃないか?と考える訳で。

ま、それでも諦めたらそこで終了だから、最後まで頑張った人の中から、

数少ない『夢を掴む人』が現れるからこそ、頑張り甲斐があったりする訳で。

ファンの僕としては、そんな人たちを遠くから見守るだけなのよねw

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



ウイルス付きの不審メールを開いちゃったよ

日頃から用心していたにも関わらず、

ウイルスファイルが添付されていたメールを開いてしまった!

今のところ問題は無さそうなんだけど、ちょっと心配だなぁ〜

 

そのメールが僕の使っているヤフーメールに届いたのは一昨日。

『クロネコメンバーズ』である僕の所には毎回荷物が届く前日に、

ヤマト運輸から『お届け予定eメール』が届くようになっている。

その日もいつものようにメールを確認していると、ヤマト運輸から

『宅急便お届けのお知らせ』という見慣れた件名のメールが届いていた。

「おかしいなぁ〜、届く予定の荷物なんてあったっけ?」と、

軽い気持ちで開いたら・・・、中身は本文も無く『真っ白』だった。

サーバーの不具合かと思い、何度か試すも中身は真っ白のまま。

念のためメールの送り主のメールアドレスを確認するも特に問題無し。

少し心配になってきたので直接クロネコメンバーズにログインし、

荷物を確認したものの新しい配達の予定は見当たらなかった。

そこで何気なく『お知らせ』を見てみると・・・、そこには

「お届け予定eメール」を装った不審メールにご注意くださいの文字が!

6月末頃から怪しいメールが頻繁に届いていたので用心していたし、

添付ファイルにも気付いていたのに、メールを開いてしまうとは!!

 

とりあえず、焦らないでセキュリティソフトでフルスキャンをかけてみた。

ちなみに僕が現在使用してるセキュリティソフトはロシアのカスペルスキー

『ロシア製』と聞くと「なんか恐い」って思う人がいるかもしれないけど、

“金さえ払えば”屈強なロシア人が体を張って守ってくれそうな感じなんで、

長年使い続けたウイルスバスターを継続せず、カスペルスキーに乗り換えた。

幸いスキャンでは異常は一つも検出されず問題なさげなんだけど大丈夫かな?

 

ただ、メールを開いた際にメールの中身が全く見えなかったため、

添付ファイルにも触れていないので感染が防げたのかもしれない。

そのメールの中身を真っ白にしたのがカスペルスキーなのか分からないけど、

春ごろに乗換えを検討してる時、色々なセキュリティソフトを試用した中で、

一番『守ってくれてる感』を与えてくれたのが、このカスペルスキーなんだ。

頼りにしてるので「なんとか僕の少ない資産を守って頂戴!」って感じだよw

 

JUGEMテーマ:日記・一般



浅川悠さんの苦言に思ふ

「えっ、今ごろになって、この記事取り上げるの?」って感じだけど

昨夜、ニコニコの浅川悠さんの苦言のニュースのコメント欄で

僕宛てのコメントを頂いたので、ここに僕の思いを記しておくことに。

 

上記リンク先のニコニコニュースに目を通してもらえば、

どんな内容の記事なのか分かると思うんだけど、

浅川さんが昨今の『声優のアイドル化』にご不満みたいなんだ。

作品での起用に際して、人気や容姿ばかりが優先されて、

肝心のお芝居の演技力が軽視されがちだと嘆いている。

でも僕は思うんだよね。「お客さんは何を求めているのか?」と。

 

制作サイドだって遊びでアニメを作っている訳じゃないんだから、

『円盤やグッズが売れてナンボの商売』をしてるんだと思う。

だから、例えどんなに素晴らしい演技を披露したとしても、

肝心の売上を伴わなければ、全く意味が無いんだと思うんだよね。

そもそも『演技力』って、何をもって誰が評価するの?

当然、制作に際して全ての声優さんたちの演技は、

スタッフさんたちが入念にチェックしてるんでしょ?

それがテレビやネットでファンの元へ放映されている訳だから、

最終的に声優さんの演技を含め、作品の出来を判断してるのは、

他でもない、お金を落とすファンってことじゃないのかな?

なので、そのお客さんが声優さんの演技力より、

容姿や歌唱力、トーク、親しみやすさ等を求めるのであれば、

提供する側は、その要求に応えようとするのは当然じゃないかな?

それにさぁ〜、言っちゃ悪いとは思うけどさぁ〜、

そんな凄い演技力を要求されるような壮大な作品なんて少ないじゃんw

作品を観て違和感が無ければ、ベテランでも新人でも構わないんだよ。

結局、演じる側が「演技力がどう」とかご託を並べてもダメなんだよ。

好きなものでなく、売れるものを作らないと生き残れないんだよ。

 

僕は、昔の声優さんより今の声優さんの方が上手だと思っている。

だから演技力の低さなんて最近は気になったことないよw

こうしている今も声優を目指して努力している声優の卵たちに、

少しでも多くのチャンスを与えるためにも、

現状の『使い捨て』も仕方がないと思ってるんだ。

それでも残れる人は必ず残るんだと信じているよ。

捨てたくても捨てられない逸材は必ず存在するし、

そういう才能に恵まれた人は今後も生まれてくると思ってるし。

 

今から将来のことを心配しても、あまり意味が無いと思う。

目の前にあることを一つ一つこなしていく先に、

明るい未来があると信じて頑張って欲しいと願っているよ!

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



<< | 2/209PAGES | >>