カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

当ブログについて

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

【ツムギ指数】勝率、連対率、複勝率

今後の戦い方を考える上で、ツムギちゃんの予想成績だけでなく

ツムギ指数のデータもきちんと把握しておいた方が良いだろうと思い、

昨日、ツムギ指数1位・2位の勝率と連対率、複勝率を検証してみました。

結果は以下のとおり。なお、回収率はまだ検証していません。

 

      【ツムギ指数 関東開催 指数1位・2位】

 

このデータが良いのか悪いのか判断するためにコンピ指数と比較してみると、

コンピ指数1位の勝率はなんと31.5%もある。さすがは利用者数日本一の指数だ。

それに対して僕が作ったツムギ指数1位の勝率は僅か23.3%しかない(涙)

ところがコンピ指数2位の勝率17.2%に対しツムギ指数2位は22.5%もあるんだ。

これら1位2位を足した和を見ると、コンピ指数48.7に対しツムギ指数45.8なので、

その差は僅か3程度だから、回収率(平均的中配当)で挽回できるかも(笑)

 

お次は、馬連にとって大切な数値である連対率だ。

コンピ指数1位の連対率49.9%に対しツムギ指数1位の連対率は40.4%なので、

ツムギ指数の方が9.5%も劣っているが、2位の数値を見てみると、

コンピ指数2位の連対率35.3%に対しツムギ指数2位の連対率は41.6%なので、

ツムギ指数の方が6.3%勝っている。これら1位2位を足した和を見てみると、

コンピ指数85.2に対しツムギ指数82.0なので、僅か3.2しか劣っていない。

この程度の差なら、勝率同様、回収率(平均的中配当)で挽回できるかも(笑)

 

最後は、ワイドや3連複などに関係する複勝率だ。

コンピ指数1位の複勝率63.1%に対しツムギ指数1位の複勝率は57.3%なので、

その差は5.8%と、結局全てにおいてツムギ指数の方が劣っている結果に(涙)

しかしだ!またまた2位の数値ではツムギ指数が勝っているのよ(笑)

コンピ指数2位の複勝率48.8%に対しツムギ指数2位の複勝率は53.9%なので、

ツムギ指数の方が5.1%勝っている。これら1位2位を足した和を見てみると、

コンピ指数111.9%に対しツムギ指数111.2%なので、その差は僅か0.7%だ。

 

早速、今日中に回収率を検証してみるけど、こうして比較するには、

ツムギ指数のデータサンプル数は絶対的に足りていないんだよね。

コンピ指数には長年のデータの裏付けがあるけど、ツムギ指数はたった3ヶ月。

ホント、コンピ指数は凄い指数なんだと改めて思い知らされるよ。

 

ちなみに、ツムギ指数1〜3位が3着以内に入線できなかったレースが

356レース中に23レースあったので、確率にすると6.5%ということになる。

それって、93.5%のレースではツムギ指数1〜3位のどれかが馬券に絡むと言うこと。

検証した356レースで3着以内に入った馬の頭数は1,068頭になる訳だけど、

その中にツムギ指数1〜3位は544頭いたので、馬券に絡んだ半分の馬たちは

ツムギ指数1〜3位ということになるんだから、悪い指数ではないんだと思う。

 

ま、あとは回収率がどの程度になるかって話だけど、

あんまり大きな期待はしないで検証してみるよ(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック