Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

『アニソンは音楽業界で孤立』に思ふ

いつものようにニコニコニュースを眺めていたら、
『アニソンは音楽業界で孤立』なんて記事を見つけた。
記事は「アニソンが音楽業界で正当に評価されていない」理由を
綴ったものとなってるんだけど、そこに書かれている
『評価』だとか『メインストリーム』と言われれるものが
一体なんなのか?僕には全然分からないんですけど・・・

ファンから愛され、ビジネスとして成り立つのなら、
音楽業界がどう『評価』しようと別に問題は無いと思う。
『メインストリーム』という考え方にしても、
音楽業界そのものが年々縮小しているんだから、
今さら「どっちがメインか?」なんて話はヤボなだけかと。

ビジネスである以上、利益を上げないといけない訳だから、
ファンが求めるものを適切かつ最小のプロモーションで宣伝し、
ビジネスと成り立つセールスを上げることが重要であって、
従来の伝統的なプロモーション活動が必ずしも王道ではないハズ。
むしろ、アニメとパッケージングすることで、
一定の宣伝効果を得られるんだから効果的であるとさえ思う。
そりゃ、アニメの内容や評判に影響を受けやすかったり、
”アニソン歌手”というレッテルを貼られるデメリットもあるけど、
「多くに聴いてもらう」という点では圧倒的に優位だと思う。

そもそも「アニソン」も「J-POP」も大きな”くくり”では同じだし。
その中に、ロックやジャズ、R&Bなどの細かいジャンルがある訳で、
アニソンだからといって子供向けアニメの主題曲ばかりじゃないし。
J-POPだって同じだよね。全部が全部同じって訳じゃないんだから。
アニソンはアニソンで一つのビジネススタイルな訳で、
音楽業界とやらの既存の商法とは違う道を歩んでいるだけで、
ファンの求めるものを提供するという点では全く同じだと思う。

結局、ファンからすれば「好きだから聴く」ってだけの話。
売り手側の事情や評価なんて、どっちでもいい話なんだと思うよ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

オヌヌメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック