Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

赤竜戦役、乱歩奇譚、城下町を見終わった

ここ数ヶ月、やらないといけない作業に追われちゃって、
あんまりアニメを見る時間が取れなかったんだけど、
ようやく作業が一段落して、少し夏アニメに追いつき始めたw

今日、見終わった夏アニメはケイオスドラゴン 赤龍戦役
乱歩奇譚 Game of Laplace城下町のダンデライオンの3作品。

『ケイオスドラゴン 赤龍戦役』は、キャストこそ豪華だったんだけど、
何を描きたかったのか分からないガッカリな作品だった。
乗り物や機材などの時代背景もメチャクチャな感じだったし。
「きっと面白くなる」と思って最後まで見たんだけど、
途中で切る決断を下せなかった自分の判断の甘さを呪いたいw
あと、井上麻里奈さんの少年役って需要が多いのかな?
僕は普通に女性役を演じている方が好きなんだけど。
評価としては『C-』ってところかな。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』は、コバヤシ少年の娘化がOKなら、
いくらか楽しめるところはあったんじゃないかと思う。
ただ、頭の悪い僕には『二十面相』と『数式』の関係が分からなかった。
どんな『数式』が社会現象を起こしたのかを、もっと描いて欲しかった。
ケイオスドラゴンでも思ったんだけど、1クールで描くには
設定とか盛り過ぎて、中途半端にしか描けないんじゃないのかな?
見終わった時の『何だったんだ感』が半端じゃないんだよね。
評価としては普通に『C』

『城下町のダンデライオン』は、可もなく不可もなく普通だった。
別につまらなくはないんだけど、全然面白くもなかったw
明日にはストーリーだけでなくタイトルも忘れてしまいそうな作品。
こんな作品がアニメになっちゃうんだから原作が不足してるのかな?
無理してアニメ化しなくてもいい作品が多過ぎるような気がするよ。
特に、不満もなく最後まで見られたので、こちらの評価も『C』

一部なのかもしれなけど、「今期は豊作」なんて話を聞いたんだけど、
見終わったこれら3作品からは、そんな印象は微塵も感じられなかった。
ま、まだ見始めていない夏アニメが結構残っているので、
そのうち面白い作品に当たるのかもしれないけどね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

オヌヌメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック