Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

【欧州難民問題】非人道と言われようと

欧州で起こっている難民問題。
その難民の多くを受け入れている国、ドイツ。
そんなドイツを見て、ひねくれ者の僕は思う。
「偽善的」だと。

そんな僕でも、捨て猫を見かければ
「可哀想だな」と思う心は持ち合わせている。
でもそう思うだけで、実際にはその猫を持ち帰り、
家で飼ってやるようなことは断じてしない。
そう。ほんの一瞬、僅かな間だけ「哀れむ」だけ。
ペットを飼うことの大変さを考えれば、
哀れむのが精一杯で、飼ってやるような余裕なんてない。

多くの人たちが貧困や戦火に追われ苦しんでいる。
そんな様子を見れば、「可哀想だな」とは思う。
でも、その人たちを受け入れることの難しさを考えれば、
見て見ぬふりをするのが一番賢い選択だと思う。

言葉や文化、宗教の違う貧しい人々の受け入れ。
一時的な同情だけでは越えられない障壁が無数にある。
その中でも一番の障壁となりうるのが『宗教』だと思う。
言葉は暮していれば、ある程度は覚えられるかもしれない。
文化や習慣だって、暮らしていればある程度身につくだろう。
でも『宗教』の違いだけは、簡単に克服できないと思う。
特に、難民の多くは宗教の中でも一番厄介そうなイスラム教だ。
近い将来、恩を仇で返す日が来るような気がしてならない。

イスラム教の常識は、世界の非常識。
レイプされれば、レイプした男性ではなく、
レイプされた被害者の女性の方が処刑されるような宗教。
 
”捨て猫に手を噛まれる”くらいなら大したことはないかもしれない。
だが、噛み殺されるような事態にでもなったら、
捨て猫といえども、そうそう哀れんでもいられない。
だけどその頃には、捨て猫もスクスクとデカくなって、
トラやライオンになってなければいいけどねw

非人道と言われようと、冷血となじられようと、
難民受け入れに極めて消極的な、この国を僕は支持するよ!

JUGEMテーマ:ニュース

オヌヌメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック