Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

【シドニアの騎士】ED曲の重要性を再認識

今さら言うまでもないのかもしれないけど、
やっぱED(エンディング)曲って超重要だわ。
だからって、別にOP(オープニング)曲が重要じゃないとか、
OP曲よりED曲の方が重要だと言っている訳じゃないよ。
でも『シドニアの騎士 第九惑星戦役』を見ると感じるんだよね。
「なんで、こんな軽い曲がシドニアの騎士のED曲なんだ?」と

第一期がそうであったように、シドニアの騎士のOP曲には
「戦いに、いざ行かん!」とする感情が高ぶる曲が相応しいし、
ED曲には、これから待ち受ける壮大な戦いの旅路への、
荒ぶりと希望を想像させる、甘くもあり強くもある歌声と
重厚感のある激しい曲調の方が絶対に合うと思うんだよなぁ〜
その点ではangelaのOP曲は第一期も第二期もピッタリだと思うし、
第一期のED曲である喜多村英梨さんの『掌 -show-
完璧といっても言いぐらい物語りの余韻に浸れ、
次回を期待させる素晴らしい曲だったと感じている。
それに比べ、現在放送中の『第九惑星戦役』のED曲のショボさは、
情けなくて涙が出るのを通り越して、怒りさえ覚えるレベル。
素晴らしい作品を観終わった満足感を壊されたくないので、
『つづく』の文字が出ると、再生を即停止するようにしているw

こうして考えると、アニメ自体の面白さも重要だけど、
その作品に付随するOP曲やED曲の良し悪しが、
作品全体の仕上がりに大きく影響するのだと改めて感じた。

逆に、OP曲やED曲、作中に流れる挿入歌など、
オリジナルサウンドトラックが非常に良くできているのに、
作品そのものがショボかったアニメもあるよねw
たとえばノイタミナで放映された『ギルティクラウン』とかw
作品の内容自体はイマイチ面白くなかったけど、
オリジナルサウンドトラックは実に素晴らしい。
攻殻機動隊』と一緒に語ったら、菅野よう子さんのファンに
叱られちゃうかもしれないけど、僕はどちらも凄く好きだよ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

オヌヌメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック