Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

【元アイドル刺傷事件】女子大生が意識回復

先月21日、東京都小金井市でライブ活動をしていた冨田真由さん(20)が
ファンの岩埼友宏容疑者(27)にナイフで刺された事件の続報なんだけど、
意識不明の重体となっていた冨田さんが意識を回復したと報じられた。

そのニュースを見た瞬間は「良かった」と思ったものの、
なんかモヤモヤして手放しで喜べない自分がいたりする。
もちろん「死んでしまえば良かった」という意味ではなく、
「命を救われたことを冨田さんご本人が心から喜べるのか?」という
一抹の不安が僕の脳裏によぎったからに他ならないんだ。

ニュースでは何十ヶ所もナイフで刺されたと報じられている。
・それらの傷が現代医学の力で完全に治療できるのだろうか?
・傷が完治するとして、心に負った精神的な傷は大丈夫なのだろうか?
・万一、傷が完治しないのであれば、精神的な苦痛は計り知れないのでは?
などなど、意識を回復したと聞いても素直に喜べない気持ちでいっぱいだ。

話が少し逸れるけど、世の中には「生きてさえいれば」と考える人がいる。
自殺願望のある人に対し「死ぬ勇気があれば生きられる」とか
「生きてれば良い事がある」とか無責任な説教をする人に多いタイプだ。
僕は、この手のタイプの人たちが大嫌いだ。
なんだか、死ぬことを悪いことのように捉え、
生きることを正義のように単純に考えているようで好きになれない。
『幸せ』とは、仕事や学業、家族や友人・同僚との人間関係など
様々な事が順調で、肉体的にも精神的にも健康な状態で得られるのであって、
単純に生きてさえいれば良いというものではないと思う。

話を戻すけど、意識を回復したことは喜ばしいことだと思う。
でもそれは、被害に遭われた冨田さんが肉体的にも精神的にも
健康を取り戻せることが大前提になると僕は考えている。
むしろ、これからのことを何も考えずに単純に「良かった」と考えるのは、
何か無神経過ぎるような気がしてならないんだけど、
それは言い過ぎなのかもしれないね。

JUGEMテーマ:ニュース

オヌヌメ商品

ガルパン劇場版の円盤が届いた!

昨日、待ちに待っていたガルパン劇場版の円盤(BD)が手元に届いた!
日頃「アニメにお金なんか落とさないぞ!」と強がってるつもりなのに、
なんだかんだ結局、ガルパン劇場版の円盤を買ってしまった。。。orz
今回も前回の『このすば』のBDに引き続き楽天ブックスでの購入。
あいにく僕は貧乏なもんで、値段の高い購入特典付きが買えないので、
前回同様、お手頃価格の通常の特装限定版を購入した。

んで早速、本編を見てみたんだけど「素晴らしい!」の一言。
まだ特典映像とか一切見てないんだけど、
本編だけで「買って良かった!」と思える内容だった。
正直、テレビ版のBDってディスク容量の割に2話程度しか入ってなく、
内容がショボくて少し不満の残る感じだったんだけど、
今回のBDは内容的にも量的にも十分に堪能できるので
「良いものを見させてもらった!」と大満足できること間違いなし!
ガルパンファンならずとも、これは買っても後悔しないと思うよ。

テレビ版BDって1巻2話で実質40分という長さでしょ?
だから、今回も前半の戦いが終わった時点で、
「そろそろ終わりかな?」なんて思いながら見てたんだ。
後半の試合が始める頃は「続きは、また次回!」になるのか?と
半ば諦めながらドキドキして見てたんだけど、いやぁ〜続く続くw
「こんなに長く描いてくれるのか?」と感心しながら、
後半の戦いが終わるまでドキドキとワクワクの連続だったよ!

ただ、急ごしらえの連合チームの戦車の色と型式が複雑なのと、
敵味方乱れての攻防が激し過ぎて、敵チームと見分けがつかず、
どっちがどっちのチームなのか分からなくなることもしばしばw
ま、その辺は円盤購入の強みと言うことで、何度も繰り返し見て、
余すことなく細かいところの描写まで堪能したいと思ってるんだ。

最後にもう一つ、ロシア人声優の『ジェーニャさん』の
日本語での演技が見られて、とても嬉しかった!w
少しだけなら何度か見たことはあったんだけど、
ちゃんとした作品の中で一人のキャラとしてロシア語、日本語、
どちらも話すところを見られたのが最高に嬉しかったよ!
もちろん上坂すみれさんの素晴らしいロシア語演技も良かったね!w

いやぁ〜、ホントに心から「良い買い物をした」と思えるよ!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


【元アイドル刺傷事件】SNSやブログはストーカー規制対象外

昨日ブログに「警察が事件前に冨田さんから受けていた相談を
ストーカー被害の相談として扱っていなかった」ことを書いたんだけど、
SNSやブログへの書き込みはストーカー規制法の対象外なんだって。
執拗にメールを送る行為がストーカー規制法で禁止されているので、
てっきりSNSやブログへの書き込みも規制されてるのかと思ってたよ。
それなら「警察がストーカー被害の相談として扱わなかった」ことも
十分納得できるけど、まったく糞の役にも立たない法律だよなぁ〜

でもまぁ〜、仮に規制対象だったとしても、
今回の事件を未然に防ぐことは難しかったと思う。
と言うのは、警察からストーカーへ警告を与えたことが“きっかけ”で
ストーカーが逆上して傷害事件に発展するケースが少なくないし。
それに今回のケースでは、被害者の危機意識が著しく低く、
ただ単に「書き込みを止めさせたかった」だけのような気がするんだ。
あくまで僕個人の推測なんだけど、被害者は今回のストーカーが
将来的に傷害事件を引き起こすとは想定していなかったんじゃないかな?
だから、いつも通りにブログやSNSでライブの告知を配信したり、
単独で電車を使ってライブ会場へ向かったりしたんじゃないかと。
駅からライブ会場へ向かう途中で犯人に声を掛けられた時も、
「周りに助けを求めたり、叫んだりした」という情報は見かけないし。
最悪、ストーカーがライブ会場に来ても「何とかなるだろう」と、
その程度にしか考えていなかったんじゃないかと推測しているんだ。
結果的には、その甘い判断が最悪の結果をもたらした感じだけど。

僕が連日、この事件を取り上げて書いている理由の一つに、
「未然に防げた事件を被害者が防ごうとしなかった」ことへの嘆きがある。
こんなこと書くと「ふざけんな、この野郎!」とか「被害者は事前に
警察へ相談したじゃないか!」と怒る人がいるかもしれないけど、
過去のケースを見れば警察へのストーカー相談が万全ではないことは
容易に察することができたと僕は思うんだけど、間違ってるかな?
理想としては万全であるべきだよ、でも現実は万全とは呼べないよね?
基本的に『民事不介入の原則』である警察が身辺警護のために
四六時中ボディーガードのように守ってくれる訳じゃないんだから、
避けられる危険は自分自身で避けておくべきだったと思うんだけどね。

理想主義者的に考えれば「悪いことをする人がいけない」となるんだけど、
現実主義者的に考えれば「悪いことをする人がいるのだから、
たとえ自分に非が無くても、自分の身は自分で守ろう」とならないかな?
「悪いのはストーカーだけど、用心のためにライブ活動を自粛しよう」とか、
「唯一の接点がSNSやブログだから、暫く休止しよう」とか思わないかな?
もし僕が家族や恋人で同じ状況なら、ライブ活動もネット活動も暫くの間、
自粛・休止することを絶対に懇願(多分強制)すると思うよ。(7:12に追記)

「自分は悪くないんだから、やりたいことを自粛しない!」と強がった結果、
大ケガしたり命を失ったら、取り返しがつかなくなっちゃうと思うよ。
残念だけど、どんなに立派な理想を掲げてもキチガイはいなくならないよ。
自分で自分を守らないと、誰も命をかけて守ってくれないのが現実だよ。

僕は別に、起きてしまったことだけを語ってるんじゃないよ。
同じような悲しい事件が二度と起きて欲しくないからこそ、
避けられるリスクは出来るだけ避けるよう努力して欲しいと願ってるんだ。

JUGEMテーマ:ニュース


【元アイドル刺傷事件】警察が嘘を発表!?

東京都小金井市で元アイドルで
現シンガーソングライターの冨田真由さん(20)が
ファンの男にナイフで刺された事件で、新たな事実が明らかとなった。
警視庁はこれまで「通報があったのは21日の午後5時6分ごろ、
目撃者からの通報が最初だった」と説明していたが、
実際には、それより1分ほど前に被害に遭った冨田さん自身が
110番通報していた
という事実が明らかとなった。
もしこの発表が真実であれば、
今まで警視庁は嘘を発表していたことになるんだけど・・・。

昨日の時点で、警察は事件前に冨田さんから受けていた相談を
ストーカー被害の相談として扱っていなかったことが判明していたけど、
新たに明らかとなった新事実で警察の対応が改めて非難されそう。
SNSやブログへの書き込みはストーカー規制法の対象外(5/26追記)
ただでさえ不祥事が多い上に、仕事もまともにしない怠慢ぷり。
それにダメ押しをするかのような嘘発表の隠ぺい体質。
元々、大きな期待なんてしていなかったけど、さすがに呆れるわ。

とまあ、ここまで警察を叩く内容を書いてきたんだけど、
仮に警察がこれらの事を適切に処理をしていたとしても、
結果的には今回の事件を防ぐことは出来なかったと考えているんだ。
もちろん、「事件を防げたか?防げなかったか?」が問題ではなく、
これらの事は適切に処理しなかったことが問題なのは理解しているよ。
でも僕は、今回の事件では冨田さん自身にも問題があったと思ってるんだ。
それは、警察に相談するほどストーカー行為が深刻だと思っていたのに、
自身のライブ活動を自粛することなく、そのライブ活動の移動の際も、
普通に鉄道を利用し、単独で行動している無防備さなんだよね。
しかも、その行動(足取り)をSNSで配信・告知していたらしいし。
それじゃ「冨田さんがどこで何をやってるか」ストーカーにバレバレじゃん。
なんか人とつながることに慣れ過ぎて、身を守る基本すら出来てない感じ。
ただ単に僕がビビリーで用心深過ぎるのかもしれないけど、
僕ならブログやSNSを休止、もしくは閉鎖し、ライブ活動も自粛するよ。
ストーカーとの接点を切るために、ありとあらゆる策を講じると思う。

とは言っても冨田さんは被害者だから、あんまり悪く言いたくないんだよね。
なのに素直に同情してあげられないところがあるのも、また事実なんだ。

JUGEMテーマ:ニュース


元アイドル刺傷事件に思う

※タイトルの一部と以下の赤フォントは後日修正しました。
このエントリーは冨田さんをアイドルと想定して書いたものです。


東京都小金井市でアイドル
現シンガーソングライターの冨田真由さん(20)が
ファンの男性に刃物で刺されて重体になった事件なんだけど、
なんだろう?被害者に一定の同情心はあるものの、
心のどこかで「地下アイドルみたいなことやってれば、
こういう危険に巻き込まれる可能性があるよな」みたいな
凄く冷めた感情もあったりするんだよね。

別に刺したストーカーを擁護する気なんて毛頭ないんだよ。
でもアイドルのような人気商売って、
ちょっと不適切な表現かもしれないけど、
人の恋心を玩んでお金を使わせるキャバクラみたいな水商売と
大差がないような気がしちゃうんだよなぁ〜
そりゃ言うまでもなく、今回の事件で悪いのは
一方的に恋愛感情を抱き、暴走したストーカーの方だけど、
愛想振りまいてチャラチャラしてるアイドルにしても
正直、あんまり感心できないんだよなぁ〜
さすがにアイドル活動を全面否定する気は無いんだけど、
どことなく『雉も鳴かずば撃たれまい』って気がしちゃう。

この事件が起こる前に、被害者が警察に複数回、
「ファンの男から、ブログやツイッターに
執拗な書き込みをされている」と相談していたので、
警察の対応が批判されてるけど、相談内容は『書き込み攻撃』だよ。
結果的に大きな事件になったからといって、
この件で警察を責めるのは、ちょっと的外れな気がする。
いくら警察だって、一個人を守るために
四六時中見張ってる訳にはいかないと思うよ。

ネットという便利なツールのおかげで
手軽に多くの人とつながる時代になったけど、
それって“危険な人とも”つながりやすくなったということだから、
気を付かないとキチガイが、こっちを見てるかもしれないよ。
良い人は、むこうから近付いては来ないけど、
悪い人は、容赦なく近付いてくる
ので、
呼んでもいないのに近付いてくる人がいたら用心した方がいい。
世の中には掲示板やコメント欄、ツイッターとかで、
「バカ!」だとか「死ね!」、「カス!」だのと、
心ない誹謗中傷をしている人たちがゴロゴロいるからね。

JUGEMテーマ:日記・一般


| 1/207PAGES | >>